NewJeans デビュー曲『HYBE内では不評』だった事実明かす

NewJeans デビュー前の心境明かす

NewJeansのデビュー曲について、プロデューサーの「ミン・ヒジン」氏が「HYBE内での評判は良くなかった」と明かしています。「私の家で簡単なリスニング会があった。HYBE内では『物足りない』『大衆性のないスタイル』などの意見がかなりあった。従来のK-POPアイドル文法ではなくヒットが難しいと断言する意見も聞いた」と明かしております。

その時の心境について「そのような評価を聞いた時、不安感が全くないわけではなかった」としながらも、「好みには個人差があるし、そもそも大衆のテイストに100%合わせるのは不可能と思った。私の目標が明確だったし、選択した曲に自信があったから、気にしなかった」と語っています。

「ミン・ヒジン」氏は、SMエンタでクリエイティブディレクターとして活躍した人物。同氏はHYBEに移籍した後、新設レーベル「Ador」のトップに就任。

NewJeansは同氏が初めてプロデュースしたガールズグループで、8月1日にデビュー。1stアルバムの収録曲は、韓国の4つの主要チャートで同時に1位になる快挙を達成。「K-POP的でない」との評価がある曲で、韓国の一般音楽リスナーの心をつかむことに成功した模様です。

次のアルバムについて、ミン・ヒジン氏は「私たちはデビュー前からすでに次のアルバムを構想している。計画通りに進めば、またとんでもないアルバムになるだろう」と述べています。

◾️関連記事

ビビ
@bibiss2525

ミンヒジンの新グルの曲を聴いたHYBEのスタッフ達からは物足りないとか大衆性のないスタイルと言われ不評だったらしいけど、SMだったら良いじゃん、ちょっとアレンジしてこれでいこう!ってなってそう笑笑最終的にミンヒジンが権限持ってるから曲出して、音源好調だけどね

2022-08-13 09:06:42

(出典 @bibiss2525)

GSR
@gslab

これ聞いて震えた。ミンヒンジさんよく自分を信じ切れたね。ハイブ内で不評だったデビュー曲でオールキル。凄すぎる https://t.co/XuWyJyHAf4

2022-08-13 05:25:02

(出典 @gslab)

Twitterでフォローしよう

Pick up記事