NCT Dream「ジニー音楽賞」ファンからは疑問の声….「恥ずかしくないの?」
「2022ジニー・ミュージック・アワード(2022 GMA)」が8日、韓国で開催。「NCT Dream」が大賞を獲得し、K-POPファンをざわつかせています。

今年の大賞は3部門。「今年の歌手」, 「今年のアルバム」, 「今年の音源」。このうち、「NCT Dream」は前者2部門を受賞しました。

メンバーたちはスピーチで「最高アルバム賞を受賞した。コンサートの時に話したが、これからが始まりだ」「イ・スマンさんをはじめ、SMエンターテインメントのみんな感謝している」「2022年後悔なく走ってきたと思う。このように大きな賞をくださって感謝の言葉を申し上げたい」と喜びを伝えています。

しかし授賞式終了後、オンラインコミュニティでは「NCT Dream」の大賞受賞に疑問の声が噴出。「ネイトパン」では、複数の投稿が相次いでトレンド入り。多くのネットユーザーは「音源成績が低いのになぜ獲れたの?」と首をかしげています。

大賞3部門の選考基準について、公式サイトには「音源60%+審査40%」と書かれています。フィジカル成績は考慮されません。

「NCT Dream」は今年2枚のアルバムをリリース。3月に2ndフルアルバム「Glitch Mode」をリリースした後、5月にそのリパッケージ版「Beatbox」をリリース。そのタイトル曲の音源成績(Genieデイリー)は以下の通り。「Glitch Mode」の最高位は「41位」, 「Beatbox」は「84位」。

今年活躍した「(G)I-DLE」と「IVE」の成績(Genieデイリー)を見ると、「Tomboy」と「Love Dive」の最高位は「1位」。両曲はリリースから半年以上にわたって、TOP20をキープし続けています。2曲の半年後の順位は、「NCT Dream」のリリース直後の最高位(「41位」「84位」)より高い。

「NCT Dream」は、この2組に加えて韓国内で絶大な人気を誇る「イム・ヨンウン」などを差し置いて、「大賞」を受賞。多くの人が驚愕し、疑問を抱くのは当然といった結果です。

オンラインコミュニティのコメント欄では「IVEとアイドゥルの審査点がゼロだったのかな」「すごく悲しい。中小事務所のアイドルはもらえない」といった声が寄せられています。

Twitterでフォローしよう

Pick up記事